1人暮らしの水道光熱費はどれくらいかかる?グラフでわかりやすく説明してみた!!

電気代、ガス代、水道代、これらの料金は各家庭によってバラバラだ。過去に友人はレパレスに住んでいた。その賃貸アパートは、水道代1ヶ月を定額で支払っていた(たしか1ヶ月定額で3000円くらいだった)住む場所によって、条件が違う賃貸アパート。どれが本当にお得なのか?自分のやっていることは間違っていないのか?などいろいろ考えたのだが絶対コレが正しい!という答えは存在しない

 

そんな疑問を持っていたとき、資料整理をしていたら、過去の「電気、ガス、水道」の料金の記録が出てきた。1人暮らしを10年以上やってきたが、記録があったのは約1年分とちょっと・・・。しかし、これは使える!!と思い、今回は1年間の水道光熱費の推移をグラフにして、見やすくしてみた。是非みんなの生活費と見比べて参考にしてほしい

※一部記録がない月もあるのでご了承下さい

電気代

・平成28年1月~平成28年12月

平成28年3月分だけ無くしてしまったので、平成29年3月の数字を使用している

1月 2月 3月 4月 5月 6月
3,368円 4058円 3,138円 2,625円 2,263円 2,016円
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2,704円 3,161円 4,245円 2,499円 1,858円 2,040円

 

年間合計33,975円
ひと月あたり約2,831円

 

電気代1年分のグラフ

グラフから考えられる事

電気代は「1月~3月」「8月~9月」が高かった。

1年間だけの数字だが、ここから考えると「3月~7月」「10月~12月」は比較的電気代が安い。季節の変わり目は快適な温度なので冷暖房をあまり使わない。電気代の金額が高い月は「真夏」「真冬」の季節なので、冷暖房の使用により、金額が高くなっているのだと考えられる

そして

  • 8月分が9月に請求が来る
  • 12月分が1月に請求が来る

8月と12月はお盆休み、12月と1月は年末年始の休みがあるので

いつもより家にいる時間が多かった=家の電気を使う機会が多かった?などが考えられる

「1月~3月まで」「8月~9月まで」がピークになっている

1月分

2月~12月分

水道代

・俺の住んでいたアパートでは、2ヶ月に1度請求が来る

・1月~10月までが平成28年。11月と12月は平成27年

1,2月 3,4月 5,6月 7,8月 9,10月 11,12月
3,179円 3,321円 3,179円 3,321円 3,886円 2,755円

 

年間合計19,641円
ひと月当たり約1636円

 

水道代1年分のグラフ

水道代の節約意識などは特にやらなかった。というよりも、節約の仕方がわからなかった。一人暮らしだったのでお風呂にお湯を溜めることがほとんどなく、シャワーで済ませる事が多かった。夏場は汗をかく機会が多かったので、シャワーを多めに浴びていた。

ちなみに、水漏れなどのトラブルは同じ場所に10年くらい住んでいたが一度もない

kuro

平成27年11月~平成28年10月まで

ガス代

1月 2月 3月 4月 5月 6月
4810円 4448円 4941円 4813円 2857円 2201円
7月 8月 9月 10月 11月 12月
 1987円 1885円  1755円 2253円  2944円  4594円

 

年間合計39,844円
ひと月当たり約3,290円

 

ガス代1年分のグラフ

グラフから考えられる事

ガスを使用する物と言えば

  1. ガスコンロ
  2. お湯を沸かす

この二つだと思うが、俺のアパートは電気コンロだったので、ガスの使用は主にお湯を使う時だけ。ここから考えると、お湯をよく使うのは冬だ。気温が低くなる秋初め~まだ気温が低めな春初めくらいまでは、お湯をよく使用する。しかし夏の時期はお湯を使う機会が少なかったので、冬に比べて低い金額になっている

ガス代の通知書

「電気、ガス、水道」のひと月当たりの金額を足して平均を出した結果「1ヶ月平均7,757円「年間の合計金額は93,460円

kuro

その年によって違いはある

今回のデータは「とある1年間の記録」だ。その年によって違いがあるだろう。例えば「今年は暑い時期が長かった」「寒い時期が長かった」など、その年の環境によって電気、水道、ガスの使用量は当然変わってくる

住んでいる地域によっても違う

環境によって違いがあるといえば、住んでいる地域もそうだ。北海道と沖縄では環境が全く違う。寒い時期が長い地域では、暖房を使う事が多い。暑い時期が長ければ冷房を使うことが多い。

以上が一人暮らしの水道光熱費の報告でした

家族で暮らすどうなる?

今回は一人暮らしの記録だが、これが複数世帯の家族で暮らすことになるとどうなるのか?

旦那と妻の2人暮らしで考えたとする

  • 旦那はサラリーマン
  • 妻は専業主婦

と仮定する。2人で暮らしたとしても単純に2倍になるわけではない。専業主婦なら普段は家にいる時間が多いだろう。しかし一人暮らしが普段仕事をしていたとすると、家に誰かがいる時間があまりない。

電気代の場合

2人以上で暮らすと、家に誰かがいる時間が長くなる

暑い時期なら冷房寒い時期なら暖房を使用している時間が、一人暮らしと比べて長くなる。そうなると冷暖房を使う季節に限っては2倍以上の金額になるのではないか?と考えられる。しかしその他のネット情報だと、1ヶ月平均の水道光熱費の金額は、1人暮らしより、2人暮らしの方が少しだけ安くなるという結果もある。

2人以上で暮らすと損なの?と思うが、そういうことでもない複数人で暮らす時に得しているのは家賃」

kuro

「1人暮らしの物件」と「2人暮らしの物件」の条件がほぼ同じだったとしても、必ずしも2倍になるわけではない

検索条件

 

  1. 名古屋市名東区
  2. 駅から徒歩10分以内
  3. 築20年未満
  4. 「ワンルーム」「1K」

 

 

 

検索条件

 

  1. 名古屋市名東区
  2. 駅から徒歩10分以内
  3. 築20年未満
  4. 「2DK」「2LDK」

検索結果はごく一部。他にも色々な物件がある

複数で暮らすと家賃の節約になる代表的な考えとしてはシェアハウスがある

シェアハウスの生活費が安い理由

安い家賃で良い場所に住みたい!!駅近なのにこんなに安いの!?

水道光熱費の節約をもっとしようと思えばできると思う。ネットには「節約の達人」がたくさんいるが、ほとんどの人は節約の達人にはなれない。労力もストレスもかかる。節約の達人は、節約が趣味みたいになっているので、参考になる情報もあれば「これはちょっと・・・」というようなレベルまで色々ある。

どこまでやるかは人それぞれ。安くすればするほど、手間がかかる方法もある。安くした人はたしかにスゴイけど、それが絶対正しいわけではない

kuro

「節約する」と「快適に過ごす」のバランス

節約することも大切だとは思うが、この2つのバランスを見て、人それぞれ快適な生活空間を作ることが大切なのではないか?と思う。みなさんはこの数字を見てどう思ったかな?

  • 「高いね!まだまだ節約できるよ!」
  • 「普通じゃない?」
  • 「結構がんばった方でしょ?」

意見はいろいろあると思う。これから一人暮らしをする人など、誰かの参考になれば幸いだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA