離職票-1と離職票-2について

離職票-1とは?

正式名称は雇用保険被保険者離職票-1 という

離職票-1の実物

離職票-1には以下の内容が記載されいている

資格取得年月日

雇用保険に加入した日。基本的には正社員として働き始めた日と同時に加入日となる

離職年月日

退職願に「○○日に退職します」と書いた日が離職日となるが、たまに会社が勝手に賃金締切日に変更して記載している場合がある。離職年月日は失業保険の受給金額に大きく影響があるので注意

喪失区分

「自己都合は2」「会社都合は3」「離職以外の理由は1」と記載される

離職以外の理由とは・・・死亡、役員就任、雇用保険の被保険者に当てはまらなくなった場合

離職票ー1に何を書き込むの?

  • 個人番号(マイナンバー)
  • 失業保険の振込先に指定する本人名義の口座情報

記入に自信がない場合は、ハローワークで聞きながら記入しよう

離職票-2とは?

正式名称は雇用保険被保険者離職票-2という

離職票-2の実物

左側半分の内容

  • 被保険者番号
  • 事業主の情報
  • 離職日以前の賃金支払(もらった給料のこと)

この賃金支払情報の内容で失業保険の支給額が決まる。左側は全て会社側が記入する欄

右側半分の内容

  • 離職理由の具体的な内容(事業主用と離職者用)・・・具体的事情記載欄のこと
  • 離職区分(右の欄)・・・「自己都合退職は4D」「会社都合は1A」「退職勧奨による合意解約は3A」に丸がついている
  • 離職者本人の判断(署名と押印)

重要なのは「右側」

・離職理由が自己都合なのか会社都合なのか

・派遣の契約期間満了による退職なのか

離職票に記載された内容をもとにハローワークが離職区分を決定して右欄に丸をつけるのだが、会社に都合の良いように記載されていることがある

kuro

例えば

 

・解雇で辞めたのに自己都合と書かれている

・契約社員や派遣社員の方が「契約の更新を希望していたのに希望がなかった」と書かれている

 

間違っていた場合は、ハローワークに意義があることを伝えよう

離職票2の作成手順

会社を辞めると決めた時から、離職票については注意を払っておこう(特に右側)。離職票を作成するときに具体的事情記載欄(用紙の右下の部分)をどのようにして作成しているのか?次の2つのケースがある

1.お互いがこの欄をすでに書いた状態で作成する場合

離職理由を明確にさせておくことで後々のトラブルを防止したり、後から離職票に変なことを書き加えられないようにするため

2.本人が記載する欄を空欄のままで作成する場合

こちらの作成方法が一般的。離職票は退職日以降に作成するのが普通。離職票を作成する時に、この欄を本人に書いてもらおうとするといろいろと手間が発生してしまうからだ。自己都合の場合は争う余地がないので、空欄のままで作成することが多いが、会社都合で退職する予定の人は注意が必要だ

解雇の予告を受けたとき

すぐに解雇理由証明書を発行してもらおう

労働基準法第22条の第1項
労働者が、退職の場合において(一部省略)証明書を請求した場合においては、使用者は遅滞なくこれを交付しなければならない

これを解雇理由証明書という

悪質な企業のやり方

会社側から辞めてくれと言ってきたが解雇理由証明書をもらわずに解雇日をむかえ、その後「自己都合退職」の離職票ー2を送ってくる事が過去の事例としてあったという話を知り合いの弁護士から聞いた。

こんな状況にならないためにも、解雇理由証明書をもらっていればハローワークで修正してもらうことが円滑に進むし、第三者に対して証明しやすくなる。もし解雇と言われた場合、必ず在職中に解雇理由証明書を発行してもらおう。

あなたから会社に言わないと、発行しない可能性がある。証明がない状態で失業保険の手続きになった場合、時間も手間もかかる。

解雇理由証明書がないと、最悪の場合、自己都合退社扱いになってしまうことも考えられる

kuro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA