無職あるある

無職なると、こんな心理状況になる、こんな行動をしてしまう

無職になると働いている頃とは気持ちが全然違う

働いてお金をもらっていたのに、働かずに生きている事が悪いように感じたりする時もある

働いていた頃とは気持ちや行動が変化してしまう無職あるあるをまとめてみた

無職を経験したことある人なら思わず共感してしまうだろう

無職になる前の人は参考がてら見て欲しい

 

とりあえず金になりそうなものを片っ端から集める

何を売ろうか?と考えた時に真っ先に思い浮かんだのがマンガ

無職になると売れそうな物を売って収入にしようとする

俺はマンガがたくさんあったのでそれを全部売った

数千円くらいだった

普段全然読まないマンガだと思ったら、好きな本でも売ってしまった方が良いと思った

満喫にいけば全巻揃っているから読みたくなったらいけばいい

 

 

 

 

就職したら使えそうなスキルや資格について調べる

無職になる人には、自分には能が無いから無職になってしまったんだと思う人がいる

そのような心理から、無職になると一度は資格やスキルについて調べる時がある

調べたは良いが、結局資格を取るにはお金と時間が必要だということを知る

調べたからといってすぐに取ろうとまではいかない

コンビニには資格について書いてある本をよく見る

ユーキャンの通信講座の本には

一度は手にしようと思ったり

手にした人はいるはずだ

俺は手にとって読んだぞ

 

お金がかからずになんでもできる パソコンが友達

パソコンとインターネット環境があると

定額で使い放題なので、どうしてもパソコンをいじってしまう

お金を使うことに抵抗を感じているので、パソコンをいじる時間が増える

ずっと同じ姿勢じっとしているのでよく体が凝る

たまにはマッサージに行って気分転換をしてみよう

 

学生時代の友人と疎遠になりがち

無職になると、自信が無かったり、ダメな人間になったように感じてしまい

友人と会おうとは思えなくなる

友人が働いていたら余計そういう思考になる

友人と会うと「仕事しろよ」なんて言われる事もあるが

やはり人生いつなにがあるかわからない

今はダメでも将来職についていればいいのだから

そのための充電期間だと思ってのんびり過ごそうよ

あなたは何年生きるつもり?

この先20年30年と人生があるなら

無職生活が数ヶ月くらいあっても許されるだろう

 

生活リズムが崩れる

いつ寝てもいい、いつ起きてもいい

まさに理想的な生活だ

だから生活リズムを意識しないと崩れるのは当たり前だ

夜寝る時間が遅くて、朝起きるのが遅くても

それが規則としてできていれば、俺は問題ではないと思っている

ただ、朝起きるのは気持ちいいから

無職でも生活リズムは意識した方が絶対良い

無職によって不安感に襲われる事がある

規則正しい生活はメンタルのバランスを保ちやすくなるから

規則正しい生活はしたほうがいい

 

 

 

公園によく行く

パソコンいじりの次に多い行動が公園に良く行くことだったりする

お金を使わずに気分転換しようと思うと

なぜか公園に目が行ってしまう

交通手段を持っている人なら、ガソリン代を使わないようにする

そうすると働いている時はあまりしなかった散歩をし始める

その時に公園と出会う

気分転換になるから良いことだ

 

 

 

意外と将来の事を考えている

無職になって不安を感じているということは

しっかり将来を考えているということだ

 

自分も働きたい

社会に貢献したい

国民の一人として活躍できる人になりたいと思っている人の方が多い

無職=ダメではない

無職の時間を使って考えて、将来いかせばいい

 

土日祝日と平日の区別がつかなくなる

何で今日はこんなに人が多いんだ?

そうか今日は土曜日か・・・このような感覚に陥る

いつも同じ生活が続くと曜日の感覚がなくなる

明日何曜日でも、俺の生活は変わらないから

 

 

以上無職あるあるでした

無職になってしまう人でも、テレビの特集でやるような「生活保護で国のお世話になっている人ばかりではない」

この先ずっと失業保険や最悪生活保護を受けようなんて考えていない

今はダメでも将来しっかり職について働けば良いのだ

「人間は生まれながらにして勤勉である」

 

ずっとダラケて生きようと考える人の方が少ない

無職は休憩期間だ

ずっと働き続けて疲れて自殺してしまうより

無職になって、この期間でゆっくり考えればいい

周りの人は「早く就職しろ」とか急かしてくるけど

そんな意見には全く耳を傾けなくて良い

できるかできないかは自分次第

できるようになったらやればいい

ダメな奴なんてこの世に一人もいない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA