求職活動実績の簡単なやり方を知らないの?失業保険をもらった経験者が教える

失業保険を初めて受給する人は、「求職活動をどうやってやればいいのか?」と思っているはず。難しい言葉が多いけど、この記事では求職活動についてシンプルに教えていく。ためになれば幸いだ

なにが求職活動になるのか

  • 応募する
  • 職業相談、職業紹介を受ける
  • セミナー、講習を受ける

大まかな活動はこの3つ。活動場所は「ハローワーク」「ハローワークに認められている団体」などだ

応募なら求職活動は1回でOK

応募方法はハローワークでもそれ以外でもOK。俺は知人の紹介で応募した。応募以外なら求職活動は2回必要。応募してしまえば1回の活動で済む。ある意味一番簡単だが、応募は1回だけでも大変。その場合は職業相談やセミナーを受けて活動しよう

ちなみに活動が1回でOKの場合は以下

kuro

  • 求人へ「応募する」「履歴書などの書類を送る」「面接」「筆記試験」
  • 心身障害者などの就職困難者

応募の注意点

失業認定書には、応募した企業の電話番号を書く欄がある。ハローワーク以外を通して応募すると、ハローワーク職員は「本当に応募したのか?」と思い、あとから電話で確認する可能性がある。ハローワーク以外から応募をしたとしても、ウソを書くとバレてしまうので注意が必要

応募以外の活動なら2回

  • 職業相談を受ける・・・主にハローワークで。それ以外ならハローワークが認める団体
  • セミナー、講習・・・職業訓練についてのセミナーなど
  • その他
ハローワークが認めている団体なのかは、ハローワークに電話で確認してみよう

kuro

職業相談とは?

職業相談の流れ

①まずはハローワークのパソコンで自分が気になる求人を見つける

②気になった求人を持ってハローワークの受付に行く

③受付で「この求人票について職業相談したいです」といい、相談の予約をする

④呼ばれたら相談開始

職業相談では基本的に気になった求人について話を聞く。

「どんな相談をすればいいのか?」わからない人はこちらの記事に記載してあります

kuro

合わせて読みたい記事

職業相談って何を聞けばいい?相談のテクニックと裏事情

 

セミナー、講習とは?

いろいろなセミナーがある。行く前には必ず「予約が必要なのか、予約が必要ないのか」など、行こうと思っているセミナーについて気になったらがセミナー主催者に、どんなセミナーなのか事前に確認してみよう

俺は職業訓練についてのセミナーを受講したことがある。場所はハローワーク。職業相談をしたときに、職業訓練セミナーについて話を聞いた。「毎週○曜日の○時に行っています。予約とかないので気軽に来て下さい」と言われた。セミナーの時間はだいたい30分程度で終わった。

ハローワークで行っている講習やセミナー

ハローワークでは「面接の受け方講座」や「履歴書の書き方講座」などの講習やセミナーが随時開催やっている。ハローワークの窓口で事前に予約することにより受講することが可能

民間企業が開催している職業相談やセミナーなど

リクナビ、マイナビ、DODAなどが開催している転職フェアやセミナーに参加

公的機関が行う職業相談やセミナーなど

シルバー人材センターやジョブカフェなど、ハローワーク以外の公的機関で職業相談をしたりセミナーを受講する

例えばこんなセミナーもある

※注意・・・セミナーは満席になる可能性がある。認定日までギリギリで「活動できなかった」とならないように余裕を持って活動しよう!

kuro

他にもある!活動実績になること

資格を取る

「どの資格なら求職活動実績と認められるのか?」は、各ハローワークにより判断が違うが、今働こうとしている仕事に直結する資格や、国家資格や一般的に就職や転職で有利になる資格(簿記検定や秘書検定、パソコン関係の資格)でも問題ない場合が多い。ちなみに、取得の有無は関係ない。気になる人は、各自ハローワークで相談してみよう

資格について相談すれば、活動実績1回稼げるからイイネ!

kuro

簡単に活動実績をする方法

俺がやっていたのは、ハローワークのパソコンで求人を検索する。気になる求人票を印刷する。そのあと職業相談へ行く。

職業相談の入り口は「こちらの企業が気になるのですが・・・」が一般的。そして気になる内容を色々質問しまくる。すぐに帰ってしまうと「活動実績の回数稼ぎだな」と思われるので色々質問してみよう

例えば「今の時期は求人は多いですか?」「○○市にはどんな求人が多いですか?」など。初めての相談ならこんな話題からでも良いと思うが、ハローワークには隠れた情報がたくさんあるので色々聞き出してみよう。

合わせて読みたい記事

職業相談って何を聞けばいい?相談のテクニックと裏事情

しかし、毎回同じような質問や求人票だとハローワーク職員は応募を勧めてくる可能性がある。なので興味の無い求人であれば、うまく理由を付けて断る話術が必要になる。そういった駆け引きが面倒であれば、ハローワークや民間企業が開催しているセミナーへ行くなど、併用して活動実績をつけよう

地域によっては求職活動実績として認められる内容

  • ハローワークのパソコンで求人を探しただけ

本来ならばパソコンで求人を探しただけでは活動にならない。俺のいる静岡県はこれだけでは求職活動にはならない。しかし職業相談をせずに、ハローワーク内に設置されている求人端末を見ただけで求職活動実績になる地域もある。詳細については自分が通っているハローワークに確認してみよう

求職活動の注意点

求職活動実績にならない事

  • 職業相談は1日に何回しても1回分
  • 新聞・広告で求人を閲覧しただけ
  • 民間転職サイトへの会員登録のみ
  • 求人を印刷しただけでは活動にはならない
  • パソコンで検索しただけでは活動にはならない(地域によって異なる)

求人活動したのに認められなかった。そんな勘違いがないように確認しておこう

このブログでは給料明細を公開しています

kuro

参考

転職5回経験者。過去の経歴について約7年分の給料明細公開中

失業認定日~次の失業認定日の前日までに活動しよう

活動のアドバイス!!

求職活動は、余裕を持ってやろう。セミナーの予約がいっぱいだったり、失業認定日の前日に行こうとしていたが、急遽行けなくなってしまったとなる可能性も0ではない

俺は最低でも3回の求職活動をしていた。2回でも全然いいのだが、毎回最低限度の2回だと、ハローワーク職員に「就職する気ある?」と思われてしまうのではないかと思い、3回やるようにしていた

俺はビビりだからね。でも失業保険は確実にもらいたいよね

kuro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA