求人の年間休日は本当?ウソを見抜く方法、転職を成功させるアドバイス

求人を見る人でだいたいの人は年間休日日数を見るよね?

「アルバイトで○○連勤しちゃって・・・」とたくさん働いているアピールできるのも学生のうち。いざ正社員になる時は絶対にみんな気にしている。休みは多いほうが良い

「業種、仕事内容、立場」にもよるが、長い時間働けばスゴイと思っているヤツは基本的にバカ

kuro

ブラック企業が多い世の中。休みが少ない、残業が多い、なんて俺も経験済み。俺は過去に年間休日87日の仕事をやっていた。若いときはいいが、年をとっていくと87日休みだと厳しい。休日ってとても重要。

そんな大切な休みなのだが、求人ではウソを載せている企業もある。今回は求人に載っている年間休日について考えていく

年間休日日数とは?

休日扱いになるのが「土曜、日曜、祝日、振替、お盆、年末年始、ゴールデンウイーク」

振替・・・土日と重なった祝日が、「月曜か金曜」が代わりに休みになること

ゴールデンウイーク

4月下旬から5月上旬にある連休。祝日が集中しているので、平日もまとめて休みにしてしまう事が多い。長ければ「10連休」になる年もある

お盆休み

一般的に、8月の13日~16日の「4日間」この数字に土曜日や日曜日がうまく入れば、5連休、6連休となる

年末年始

一般的に、12月29日~1月3日の「6日間」これもお盆休みと同様で土、日がうまく入れば、更に休みが増える

「土、日、祝日」って年間何日あるの?

2018年(1月~12月)の場合

  • 土日「104日」
  • 祝日と振替休日は「20日」
  • 土日と重ならない祝日、振替休日が「13日」

「土日」「土日と重ならない祝日、振替休日」をプラスすると「117日」

実際勤めていると、祝日でも会社カレンダーでは仕事だったり、連休になると平日が休みになったりする

求人を見ていると、だいたい年間休日120日くらいが一般的

kuro

年ごとの年間休日

過去の年間休日

2013年 121日
2014年 123日
2015年 123日
2016年 123日
2017年 119日

※2016年から新しい祝日「山の日」ができた

この記事を更新した年は2018年。この先の年間休日を確認してみよう

2018年 120日
2019年 122日
2020年 125日
2021年 122日
2022年 123日
2023年 119日
2024年 122日
2025年 124日
2026年 125日
2027年 123日
2028年 121日

2013年~2028年の中で

  • もっとも年間休日が多い年は「125日」
  • もっとも年間休日が少ない年は「119日」

その差「6日間」という結果

年間休日以上に多い企業は要注意

多いと年間休日124日とか見たことあるが、どの企業も基本的に年間休日は120日前後が最大。これより少ない休日日数はたくさんあるが、もし異常に多い日数を見た時は、その会社の評判について検索してみた方が良さそうだ

138日を12ヶ月で割ると、大体月11.5日休みになる。

パッと探したのだが、土日が多いカレンダーパターンがだいたい下の画像くらいになる。

土日で「10日間」17日と24日が祝日で「2日」。セコムは24時間警備の仕事。それなのに月に12日休めるのかどうか・・・

ホワイト企業で有名な未来工業では「年間休日140日」なんて企業もあるが、日本国内ではかなりめずらしい。ホワイト企業として有名で無い限り、年間休日120日以上の企業は疑ってみたほうがいいかもね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA