失業保険を最も多くもらえるパターン「最高金額○○○万円!?」

失業保険をもらえる金額は人それぞれ

  1. 失業保険がもらえる日数(所定給付日数)
  2. 1日当たりにもらえる金額(基本手当日額)

この2つが多ければ多いほど、たくさんの失業保険をもらうことができる

失業保険を申請した後日に、受給説明会が行われる。受給説明会に行くと、雇用保険受給資格者証がもらえる

kuro

ではどうすれば「①所定給付日数」「②基本手当日額の金額」を上げることができるのか?

それは

  1. 年齢
  2. 会社の辞め方
  3. 離職した日からさかのぼって、過去180日間(6ヶ月間)の給料の合計額

主にこの3つによって変わってくる。今回は失業保険がもらえる最高金額はいくらなのか?をご紹介する

年齢

もらえる金額が変わる年齢の区切りを5段階にしてみた(大体の伏し目の年齢なので実際はもっと細かい条件がある)

  1. ~29歳まで
  2. 30歳~44歳
  3. 45歳~59歳
  4. 60歳~64歳
  5. 65歳~

この5つの段階の中に更に「基本手当日額の給付率」というものがある。以下は「3の45歳~59歳」の人が辞めた場合の基本手当日額の給付率。

基本手当日額の給付率の上限金額は決まっている→45歳~59歳の、基本手当日額の上限は最大で「8205円まで」

離職時賃金日額 基本手当日額の給付率
2289円以下  81%以上
2290~4579円  80%
4580~11610円  50~80%
11611~15550円  50%
15551円以上  49%以下
失業保険を最大金額もらうための条件は、会社を辞めた時の年齢が「45歳~59歳の人」

kuro

会社の辞め方

最大の金額がもらえる年齢45歳~59歳の人という条件に加え会社の辞め方がある

会社の辞め方は2つがある

 

  1. 自己都合
  2. 会社都合

 

「2の会社都合」だともらえる日数が大幅に増える

会社都合で辞めた人を特定受給資格者という→特定受給資格者の所定給付日数

 

・45歳~59歳の人

・会社都合で辞めた

 

この条件に加え、辞めた会社の「勤続年数が20年以上」だと「給付制限日数が330日」になる

給付制限日数が最も多くなる条件は

(①45歳~59歳の人)

 

 

(②会社都合で辞めた)

 

 

(③勤続年数が20年以上)

 

 

(給付制限日数が最大の330日もらえる)

という結果になる

離職した日から「過去180日分の月給」(ボーナスはカウントしない)が高ければ高いほど多くもらえる

過去6ヶ月分の給料合計額から基本手当日額が計算される。

「過去6ヶ月の月給(賞与なし)÷180日(6ヶ月)=離職時賃金日額」

離職時賃金日額を100%とするとそのうちの何%かが出る。

計算はハローワークに離職票を提出するとやってくれる。受給説明会の後に、雇用保険受給資格者証をもらう。その時にもらえる金額がわかる

kuro

離職時賃金日額の数字が

  • 高いと「比率が50%よりの金額になる」
  • 低いと「比率が80%よりの金額になる」

これらをもとに、基本手当日額(失業保険の1日当たりにもらえる金額)が決まる

最大の基本手当日額の金額は?

どんなに年収が高くても、基本手当日額の最大上限は「8205円」

これらを元に、失業保険でもらえる最大の金額を計算してみる(2018年時点の場合)

  1. 失業保険で最大の所定給付日数は「330日」
  2. 基本手当日額の最大金額は「8205円」

所定給付日数330日 × 基本手当8205円=2、707、650円

失業保険を利用する人で、一番もらえる人の金額は最高で約270万円もらうことができる

障害者、就職困難者について

実は「障害者、就職困難者」の場合が一番所定給付日数が多い。その日数はなんと「360日」

しかも

  1. 1年以上勤めていればOK
  2. 障害者、就職困難者であること

この2つの条件さえあれば、最大で360日間、失業保険をもらうことができる

障害者、就職困難者の人は覚えておこう

kuro

最も失業保険をもらえないパターン

  1. 自己都合で辞めた人
  2. 収入が少ない人

一番少ない基本手当日額は2289円。収入金額が少ないと、年齢がいくつであっても2289円になる場合はある。そして一番短い所定給付日数は「90日」

2289円 × 90日 = 206、010円

失業保険を利用する人で、一番もらえない人の金額は約20万円

俺がもらった失業保険の金額は??

失業保険もらいきるには?もらいきった私からアドバイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA