失業保険もらいきるには?もらいきった私からアドバイス

失業保険って難しいよね。難しい言葉も多い。仕組みも複雑。説明会で話を聞いてもわかりにくい。俺は頭が悪いから最初の説明だけでは理解できなかった。そんな俺でも今回失業保険をもらいきることができた。ということで、失業保険を最後までもらいきった俺の感想や注意点を書いていく。ためになったら幸いです

退職したあとの流れ

  1. 退職日(7月31日)
  2. 失業保険申込日(8月10日)
  3. 待機期間(8月10日~8月16日)
  4. 給付制限期間(8月17日~11月16日)
  5. 支給開始日(11月17日)
  6. 支給終了日(2月15日)

失業認定日と受給した金額

自己都合退職のため、初回認定日は無支給

失業認定日の日付 受給した金額
第1回(9月7日) (無支給)
第2回(11月30日) 71,227円(13日分)
第3回(12月21日) 115,059円(21日分)
第4回(1月25日) 191,765円(35日分)
第5回(2月22日) 115,059円(21日分)
  • 基本手当日額(1日で5479円)
  • 給付日数合計(90日分)
  • 失業保険総金額合計(49万3110円)→1ヶ月に換算すると(16万4370円)

8月1日から無職生活がスタート。初回の失業保険が振り込まれた日は12月4日、退職してから約4ヶ月後だった

求職活動回数

  • 給付制限期間中(3ヶ月間)に必要な求職活動回数は最低3回以上
  • 認定日から認定日(1ヶ月間)までの間で必要な求職活動回数は最低2回以上
期間 実際やった

活動回数

給付制限期間中

(8月17日~11月29日まで)

11回
11月30日~12月21まで 3回
12月21日~1月25日まで 3回
1月25日~2月22日まで 2回

求職活動の内訳

  • 職業相談「14回」
  • 職業訓練セミナー受講「1回」
  • 職業紹介「3回」
  • 職業訓練相談「1回」

応募した回数合計4社(ハローワーク紹介から3社、知人の紹介から1社)

なぜ給付制限中の活動回数が多かったのか?

この時失業保険とは別で、市役所の家賃補助制度を受けていたこの制度を受けるための条件として、求職活動をするように言われていた。市役所の職員の圧力が強かったので、動回数は多めにやっていた

無職で一人暮らしはどうやって生きる!?家賃補助金を申請

失業保険をもらいきるためのアドバイス

求職活動は最低2回だけど、必要最低限より余分に1~2回やっておいた方がいい。過去の職業相談内容は記録されている。もちろん回数も記録されている。失業保険を受けきるまで「最低限の回数」で「職業相談だけ」だと、もらいきる前の途中段階で、「こいつは就職する気が無い」と思われる可能性がある。就職する気が無いと思われると、失業保険を受け取れなくなる可能性がある。なので応募も適度にやっておくことをオススメする。相談内容は過去の意見と矛盾しないように。方向が変わった場合はその事をしっかり相談で伝えること

俺の場合、就職することも考えているが、職業訓練にも参加しようと思っているという2つの方向で考えていることをつげ、職業訓練セミナーを利用して活動実績をつけた。職業訓練を受ける気持ちがあることを伝えると「こんな職業訓練コースがあります」という連絡を送ってくれることもある。もし職業訓練に通ってみたいと思ったなら、そちらの方向にも進むことができる

知らない人が多いのが「給付制限期間中」と「受給期間中」のアルバイト条件について。給付制限期間のアルバイト条件は少し緩いので、もし失業保険を最後まで受けとろうとしている人は、給付制限期間にはアルバイトをしたほうがいい。俺はこの条件について知らなかったので、全くアルバイトをやらなかった

失業保険もらいながらアルバイト。収入条件の計算のやり方
給付制限期間中のアルバイトってやっていい?失業保険は減額される?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA