失業保険と雇用保険の違いは○○!そうだったのか!

「雇用保険と失業保険ってなにが違うの?」このように疑問に思う人はけっこういるだろう。給料明細では雇用保険という言葉が使われている。だけど、日常会話では「会社を辞めると失業保険がもらえる」という使い方をする

 

 

 

雇用保険と失業保険。どっちの呼び方が正しい?

答え 雇用保険と失業保険は同じ

 

 

なぜ呼び方が違うのか?

実は、失業保険という制度はもうこの国にはない。失業保険という名は昔のもので、現在は「雇用保険」が制度の正式名称になっている。そして、雇用保険によってもらえるお金は「雇用保険の失業等給付(失業給付)の基本手当」が正式名称。

 

雇用保険という制度の中に「失業等給付(失業給付)」という給付金制度がある

 

 

 

失業保険(雇用保険)の歴史

昭和22年に失業保険法というものが施行された。第ニ次世界大戦が終わり失業者があふれ経済が混乱していた時代。その後、失業保険法は法改正を重ねましたが、経済の構造が変わっていく中で制度の大きな見直しの必要性が高まってきた

 

 

 

 

それで昭和50年に失業保険法を発展させ、時代の変化に合わせた雇用保険法が誕生した。つまり今の時代の「雇用保険法」は、むかしは「失業保険法」だったということ。失業保険から雇用保険という名前に変わっていったのだが、一般的によく使われるのは失業保険。失業するのだから失業保険と考える人が多いのだろう。

本当は雇用保険が正しいのですが、このブログでは読みやすくするため「失業保険」または「失業保険の給付金」と統一している

 

昭和22年
失業保険法
    (改正)
昭和50年(現在継続中)
雇用保険法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA