アルバイト経験談、給料の高さにビックリ!?

大学へ通っていた人ならアルバイトをしていた人は多いだろう。俺もやっていた。その時経験したアルバイトが2つある。一つ目はガソリンスタンドそして二つ目がパチンコ屋の店員だった。

ガソリンスタンドのアルバイト

なぜガソリンスタンドを選んだのか?

俺が初めてやったアルバイトはガソリンスタンドだった。選んだ理由は、友人が誘ってきたからだ。時給はたしか800円くらいだったかな?あまり詳しいことは覚えていない。だって3ヶ月で辞めたからね。

 

辞めた理由

なぜ辞めたのか?やっている時に気付いたが、俺は車に興味がなくて、車に関係する用語も全然知らなかった。ガソリンスタンドで仕事している人は乗り物が好きで詳しい人が多い。だけど興味がないし覚える気が全くなかった俺には苦痛に感じ始めた。

 

そしてもう一つの理由は採用された時の店長とは違う、また新しい店長がやってきた。その店長が嫌いだった。シフトを夕方から閉店まで入れていたのに、途中で「もう帰っていいよ」といってきた。「えっ?今日閉店までシフト入ってますよ」とも言えずに、その頃は鵜呑みにして、帰っていた。恐らく使えないという意味で帰らせたのだろう。そんな態度を感じた俺は友人と話しをして、「俺も帰っていいよって言われた!ムカつくよな」みたいな流れになって一緒に辞めてしまった。

 

反省点

初めて働く職場だったし、俺が使えない人間なのはたしか。車とかにも興味なかったから仕事を覚えようという意欲もなかった。友人と安易に選んでしまったのもあるし、他にもたくさんある。最初の頃は反省だらけだった。当時は反省してなかったけど、大人になればさすがにわかる。

 

ガソリンスタンドの仕事を選ぶメリット

車好きやバイク好きの人なら楽しめると思う。他にも人も別のガソリンスタンドでアルバイトをしていた知り合いがいたのだが、その人が言うには「ガソスタの仕事をしていたおかげでオイル交換とかの点検は自分でできるようになった」と言っていた。自分の車を点検できるようになれば、点検費用や工賃を節約できる。とてもいい能力だ。

 

だいぶ昔の話なので、ガソリンスタンドの営業方法が大きく変わっているかもしれない。昔はセルフが少なかった頃なので、点検や洗車など積極的にお客さんに話しかけて、営業みたいにやっていた。今ではセルフが多いので、点検や洗車をする機会があるガソリンスタンドがかなり減ってしまったのではないかと思う。

 

こうしてガソリンスタンドのアルバイトは辞めてしまいました。大体3ヶ月くらいだった。

 

パチンコのアルバイト

なぜパチンコを選んだのか?

パチンコのアルバイトの良いところは他の職種に比べたら時給が高い。飲食業などの他のアルバイトは時給1000円いけばいいだろう。しかしパチンコアルバイトの時給1000円は当たり前のように越えている。俺は時給1200円」だった。俺がやっていた店の規模はだいたい350台くらいの規模だった。規模が大きい店だと1000台越えるパチンコ店もある。規模が大きい店の方が少しだが高い時給になる。

 

パチンコのアルバイトは、ガソリンスタンドを辞めてから卒業までずっと続けていた。だいたい3年半以上はやっていた。辞めた理由は大学の卒業を迎えたからだ。

 

パチンコの仕事内容

パチンコの場合

  • お客さんの呼び出しランプに対応する
  • 玉数カウンターへ投入する(出玉交換)
  • 出玉運び
  • 出玉箱おろし
  • 出玉箱を台の上にあげる
  • 空き台の清掃

だいたいこんな感じ。店によっては色々やることが違う

スロットの仕事も難しくない

  • 機械の中のコインを補給
  • コインの詰まりをなおす
  • コインをカウントしてレシートに交換する(コインを機械に投入するだけ)

 

お金の回収作業などの責任が重い仕事は正社員だったり、主任など役職の立場の人が行う

 

パチンコアルバイトの良いところ

先にも言ったように、時給が良いところだ。だからパチンコ屋で働いているフリーターの人も結構いた。そして土日祝日や大型連休の時には時給が上がった。俺の働いていた店は時給+200円アップだった。普段が時給1200円だったので、休みになるとなんと「時給1400円!」そして夜10時以降になると更に時給があがる

 

大規模の台入れ替えなどで深夜作業になることもあるが、そういった仕事は正社員がやることがほとんどで、アルバイトは優先的に帰っててもよかった。信頼されている人であれば、そのあとの仕事も手伝ってアルバイト代を稼いでいた。大学生なのに、結構お金をもっていた。

 

パチンコアルバイトの悪いところ

タバコの煙が苦手な人は働けないだろう。しかし探してみると禁煙の店があるので、煙が苦手な人はそういった店で働けばいし、数は少ないが、スロット専門店もある。スロット専門店なら重たいパチンコ玉を持つこともない

 

 

音がうるさいのが苦手な人もいるだろう。俺も実は音がダメだったが、片耳にインカムをつけて、もう片方には耳栓をしていた。そうするとうるさい音が全然気にならない。お客さんと話す機会はほとんどないので、接客をする時だけ耳栓かインカムをはずして話をしていた

 

 

負けているお客さんは、荒れている可能性が高いので、たまに大きな声で罵倒されることもあった。それでもそれほど罵倒された回数は多くはない。アルバイトより役職の人に店の文句を言うことはよくある。お金がかかっているだけあって役職のプレッシャーや責任感はとても重そうだった。

 

 

重たい物を持つので腰など、体には注意した方がいい

 

 

誰でもありそうな失敗談で俺もやってしまった失敗がある。それはパチンコ玉をドハデにこぼすこと。怒鳴り散らされるかと思いきや、玉があるということはそのお客さんは勝っていることが多いので以外と怒られることはなかった。でも玉をこぼしてしまうのはさすがに反省したな。一応お金に替わるものだからね。しかも拾った球数って恐らく少し減っているからね。

 

 

女性は働けるのか?

重たいパチンコ玉を持ったり、ホールをずっと歩いているので体力的に不安を持っている女性は多いと思うが、パチンコ屋へいけばわかる。女性も普通に働いている。重たそうな玉も普通に持ち上げている。女性でも持ち上がる程度なので、よほどの不安がない限り誰でもできる仕事だ。たまに大量の交換を任されそうになるが、そんな時は男性社員が交代してくれる。そういった配慮はもちろんされる。

 

 

ギャンブルのような男性客が多い仕事場というのは、女性従業員は必要とされる。男だらけの場所に女性従業員がいるだけで、雰囲気が変わる。女性従業員は花のような存在。パチンコ店の従業員以外にも、ワゴンサービスと言って、食べ物や飲み物を提供する仕事がある。ワゴンサービスの従業員は全員女性だ。そして店内の清掃作業をする人も女性だった。若い人が働いているイメージだが、俺がやっていた店では、30代40代の女性従業員も普通にいた。

 

 

ショップ店員や飲食店などのアルバイトもあるが、大変な割に給料が安い。デメリットが苦にならない人なら時給が高いパチンコ屋はおすすめだ。

 

 

男でもパチンコアルバイトを選んだが、もし俺が女性でもパチンコ屋関係の仕事はやってみようと思う。

 

アルバイトならパチンコ店はオススメ

高時給の仕事なのでフリーターの人も結構いる。待遇を充実させたいのであれば、派遣登録をして派遣社員として働けば社会保険も払うことができるので、考えてみるといい。デメリットが苦にならない人ならオススメできる業種の一つだ。

ちなみに、パチンコスロットをやっていなくても働ける。恐らく合否にはほとんど影響しない。俺はパチンコスロットやっていなくても働けたからね。

 

~すべての人にプラスα~東海中心に長野・仙台など様々な場所のパチンコ店でのお仕事ご紹介!アルファスタッフ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA