アルバイトを探しのコツはこれを使え!高時給アルバイトの探し方

失業保険を受給しようとしている人で、自己都合退社の人だと、給付金がもらえるまで「だいたい4ヶ月くらい」かかる。そして最初に振り込まれる金額は、とても少ない。俺が最初に失業保険の給付金もらった金額は71227円だった

 

 

俺の事例だと、8月1日に退職して、12月4日の失業保険がもらえるまで、無収入だった。

 

 

なぜ、アルバイトをしなかったのか?アルバイトはしようとしていたのだが、給付制限中のアルバイトの条件について勘違いしていた。

 

 

給付制限中と受給中の就労条件がちがう

給付制限中の条件

失業保険の給付金を受給している期間のアルバイトの就労時間の条件には「1週間で20時間未満、1日4時間未満」という条件があるのだが、じつは、給付制限期間中の条件のなかには、1日4時間未満という条件はない(1週間で20時間未満はある)」ということは、給付制限中は、1日4時間以上働いたとしても、1週間で20時間未満の労働時間であればOKなのだ!

 

 

 

この情報は、いつも通っている静岡県のハローワークへ電話して、アルバイトについて聞いたら、その時のハローワーク職員の人が教えてくれた。全然知らなかったよ・・・

 

 

失業保険をもらう時の理想の仕事

例えば、給付制限中は1週間に20時間未満という数字だけに気をつけて、単発のアルバイトだけを3ヶ月間やっていけば、給付制限期間を苦しまずに乗り越えられる!ここでのポイントは単発のアルバイトにすること。単発の仕事というのは、長期のアルバイトに比べると、1日しか仕事が保証されていないので、単価が高い仕事が多いのだ!給付制限期間中は単発の仕事で乗り切ったあと、失業保険を受給すれば、お金も時間も確保されやすいだろう

 

 

失業保険の受給中にアルバイトをしたいときは、受給期間中にアルバイトをするとなると1日4時間未満までしか働けない。4時間以上働いてもいいが、4時間以上働いた日の失業保険のお金は出ない(その日だけ出ない)。

 

 

どうせ失業保険を申請しているなら

失業保険もアルバイト代も両方もらいたいだろう?

 

 

 

 

そうなるとアルバイトを探すときに重要になってくるのが

勤務時間などの「仕事の条件をうまく検索すること」だ!

 

 

 

細かい条件まで検索できる!!アルバイト情報サイト

アルバイトの求人広告っていうのは細かい字でたくさん書いてあるので、目で見ているだけで疲れてしまう。そんな時に便利なものが、インターネットで簡単にアルバイトを探せるサービスに登録するといい。俺が使っているのは、CMでもよくやっているバイトルなのでバイトルについて説明していく

 

 

 

バイトルの便利なところ

どこで働きたいのか?

どれくらいの給料がいいのか?

どれくらいの期間はたらきたいのか?

・給料のもらいかた(即払い?日払い?週払い?)

 

条件の検索がとても豊富で自分にあった仕事を簡単に見つける事ができる

 

 

職場の雰囲気についても調べられる

若い人だらけの職場にはついていけない!

仕事場の年齢層10代、20代、30代、40代、50代のように職場の年齢層がわかる

 

 

 

男性ばかりの職場はイヤだ

職場の男性と女性の比率がのっているので、そこを見るといいだろう

 

 

 

大勢の作業より一人作業の方がイイ

他人と仕事するのが、イヤな時は、一人作業の仕事を見ればいいだろう

 

 

 

うるさい場所はイヤだ

職場でもうるさい職場と静かな職場がある。

 

 

 

自分が選んだ条件の平均の給料がわかる

自分が選んだ地域と職種の平均の時給や日給が勝手に計算されるので、いちいち全部の求人を見る必要がなくなる

 

 

 

応募状況が5段階で見れる

その求人に対して募集が少ないのか、多いのかを5段階で表記してある。

 

 

 

ナイトワークについて

ナイトワークがイヤな人はナイトワークをOFFにすれば、夜のお仕事情報が出てこなくなる

 

 

 

 

 

 

以上説明した条件で自分にあった仕事をさがすことができる

検索機能の充実は理解してもらえたと思う。次は失業保険を受給する人がどうやって仕事を探せばいいのか?について説明していく

 

 

 

 

 

 

 

 

失業保険を受給中の条件検索

給付制限中の場合、週20時間以内ならOK

そんな時の検索方法はとても簡単

その日1日のみの単発アルバイトで検索すれば、単発のみの仕事がズラッと出てくる

 

短期、単発アルバイトのイイところ

1日当たりの給料が高い

短期、単発のアルバイトというのは、先の仕事が約束されていないので、継続的なアルバイトに比べると、1日あたりの給料が高い。東京の単発アルバイトの条件で見つけた最高日給はなんと28560円!!検索条件を上手に使えば高い給料を簡単にみつけることができる。

2017年12月時点の求人


 




給付制限期間中のように、1日4時間未満という条件がないときは、単発の仕事を計画的に組むことができればアルバイトでも正社員と同じくらいの月収を稼ぐことができる!

 

 

 

時期限定の仕事を体験できる

季節限定の従業員が欲しい場合があるので、普段できない仕事の求人で出ているときがある(運がよければリゾート地の仕事もある)夏の間だけ、冬の間だけ、有名アーティストのライブの時だけなど、その時だけの、仕事を体験することができるのも短期単発のアルバイトの長所だ

 

 

楽しみで来ている人を相手にするときは、みんな楽しい気持ちなので、トラブルが起こりにくい。人が多そうで大変のように感じるが、短期の人に任せる仕事は誰にでもできる仕事内容ばかりだ。その日だけの仕事なんだから、教えないとできないような仕事内容だと単発アルバイトが成立しないだろ?

 

 

 

色々説明させてもらったが、そう簡単にいい仕事を見つけることができるわけではない。いい仕事は競争率がとても高い。その競争率に勝つためにはスピードが勝負だ。

 

 

 

 

求人応募までのスピードを上げるには、登録をすること!!

そして登録後にやっておいたほうがいい事がある

 

 

 

バイトル登録のメリット

他の人に仕事をとられない!新着情報をメールで受けとろう

アルバイトというのは、人気の条件の仕事はすぐに決まってしまう

そんなことがないように、スマホや携帯電話のメールアドレスを登録したほうがいい

新着の仕事情報がメールで知らせてくれるので、会員登録していない人より「いい条件の仕事の情報」が早く知る事ができる

アルバイトというのは学生のように時間に自由のある人が多い。その人達より、情報を早く知って、すぐにアルバイト先に連絡することができれば、いい条件の仕事で働きやすくなる

 

 

プロフィールを登録して履歴書の手間を省こう

早く情報を知ることができる以外のメリットとして

バイトルで簡単なプロフィールをつくれば、履歴書がいらずに、電話一本で話しが通る求人もある。しかも、プロフィールは「バイトルネクスト」というサービスでも共通で使うことができる

 

 

バイトルネクストとは?

バイトルは名前の通りアルバイト(非正規雇用)の求人を主にのせているが、正社員(正規雇用)の求人があるのが、バイトルネクストという

 

 

バイトルネクストを利用すれば、手書きの履歴書を使わずに、相手にプロフィールが伝わる。バイトルでアルバイトを探しバイトルネクストで求職活動をしてしまえば一石二鳥になる

 

 

プロフィールがつくってあるだけで好印象

実はプロフィールをつくるのが面倒くさいといって、登録しない人が結構いるのだが、プロフィールなしを送られた職場の人はどうみるだろうか?どこに住んでいて、どんな人なのかも登録していない人を雇うだろうか?そんな中、プロフィールをしっかり登録してある人を見たら、もちろんしっかりプロフィールがある人を選ぶ。プロフィールはつくってあるだけで有利な立場になれる

 

 

お金を使うのは簡単

失業中というのは、いくら求職活動をするとはいえ、働いている人と比べると時間がある。時間があるのはいいことだが、退屈すぎて思わず外出するだろう。その時に欲しい物があった場合我慢することになるだろう。その我慢することもストレスとなる。そんなストレスをかかえないためにも、失業保険申請後は、求職活動と同時に、アルバイトを少しでもして、気晴らし感覚で働くのもいいだろう。この情報があなたのためになったら幸いだ


公式サイトへGO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA